いくら

2015年9月11日 (金曜日)

3種のいくら、ご予約承ります。

Ikura3item

 とっておきのいくらを、究極の天然造りに仕上げた、

 いくら醤油漬

  • いくら醤油漬は、10月中旬以降の仕上がり予定です(日時未定)。
  • 現在受付の順番にお待ちいただいております。お待ちの順にて発送してまいりますのでどうぞご了承ください。

Ikura300

 全工程、すべて手作業。

 化学調味料などは一切使用せず、

 手間と時間をかけた究極のいくら造りは、

 朝から夜中までかけても、

 熟練者一人の製造量、1日わずか40個たらず。

 その製造方法は・・・

 秋の朝早く、

 羅臼港で買い付けされた鮭を、到着後すぐにさばきます。

 製造工程は、

   (1)洗い

   (2)選別

   (3)漬け込み

 とにかく鮮度。

 その日のうちに漬け込まなければ、意味がありません。

 注目すべきは「選別」の方法。

 イクラ、ひとつぶひとつぶを、

 ていねいにピンセットで選別します。

 すみずみまで神経をいきわたらせる、

 息の詰まるような作業は、何時間も続きます。

 機械には実現できない、

 きめこまやかな選別が、

 極上のイクラを造り出す、関門だからです。

 誰でもできるものではありません。

 確かな目と選ぶ技術が、おいしさの一歩なのです。

Donburi

|

2014年9月30日 (火曜日)

三種のいくら醤油漬

Ikuran

全工程が、すべて手作業。

化学調味料などを一切使用しない、
究極のいくら造りは、

朝から夜中までかけても、
熟練者一人の製造量、1日わずか 40個 たらずです。

 

 

 


その製造方法は?

秋の朝はやく、
羅臼港で買い付けされた鮭を、到着後すぐにさばきます。

製造工程は、

   (1)洗い
   (2)選別
   (3)漬け込み

とにかく、
その日のうちに、漬け込まなければ意味がありません。

しかし、
それだけでは「究極のいくら」は誕生しません。

注目すべきは「選別」。

イクラ、ひとつぶひとつぶを、
ていねいにピンセットで選別します。

機械ではできない、きめこまやかな選別が、
極上イクラを造り出すための関門だからです。

すみずみまで神経をいきわたらせる、
息の詰まるような作業は、何時間も続きます。 
  • いくらは「ご予約」での受付です。
    すみません、いつものごとく受付順に出荷です。
    お待ちくださいね(^^)

    昨年は10月21日から、いくらの出荷が開始されました。
    http://www.siretoko.com/uniuni/2013/10/post_483.html

    おそらく今年もそのくらいからでしょうか?

続きを読む "三種のいくら醤油漬"

|